イーグルスの歴史

イーグルス(The Eagles)は、ロサンゼルスを拠点とするアサイラム(Asylum)レーベルのヴォーカリストであったリンダ・ロンシュタット(Linda Ronstadt )のバンド Linda Ronstadt & Her Band のメンバーとして集められたグレン・フライ(Glenn Frey )、ドン・ヘンリー(Don Henley )、ランディー・マイズナー(Randy Meisner )、バーニー・リードン(Bernie Leadon )の4人によって1971年8月に結成された。
当時同じアパートに居住していたジャクソン・ブラウン(Jackson Browne )とグレン・フライによる共作で、デビューアルバム『Eaglesイーグルス~「イーグルス・ファースト」)』のタイトル曲となった軽快なナンバー「Take It Easy (テイク・イット・イージー)」がいきなりヒットし、イーグルスは瞬く間に1970年代に一世を風靡したウエストコースト・サウンドの代表の仲間入りを果たした。

イーグルスおすすめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



イーグルス The Eagles

ラブ・ウィル・キープ・アス・アライブ Eagles - Love Will Keep Us Alive




ベスト盤(ライブ収録とスタジオ新曲4曲を含む)HELL FREEZES OVER/ヘル・フリーゼズ・オーヴァー(94年発表)に収録された新曲です。

ティモシー・シュミット(Timothy Schmit )のやさしいハイトーンボイスとメンバーのハーモニーがマッチした曲で、過去の名曲群に負けないくらい良い曲です。

1994年は僕が13歳でちょうど洋楽ロックにはまり始めた時です。
その時に洋楽で初めて買ったロックのアルバムがこの「HELL FREEZES OVER/ヘル・フリーゼズ・オーヴァー」です。
(その前に映画「三銃士」のサントラを購入していましたが、、、。このサントラはスティングとブライアン・アダムスとロッド・スチュワートが主題歌を歌っていました。)

一緒にボンジョビ BON・JOVIの「CROSS ROAD/クロスロード」も一緒に買いました。

確かこの頃はベスト盤がたくさん発売されて、ヒットチャートにイーグルスとボンジョビの他にエアロスミスの「ビッグワンズ BIG ONES」もありました。

その頃は、住んでいた北海道には中古CD屋もあまりなくて、金曜深夜にやっていた「まる音DELUX」という番組を常にチェックして洋楽の勉強をしてました。
(余談ですがこの番組の司会アシスタントをしていた丸谷香織さんが途中で参議院議員になって番組を辞めたのに驚いた記憶があります。)

なんか深夜にトムジョーンズの「恋はメキメキ」とかのビデオが頻繁に流れてた気がするなあ、、、(笑)。

次の日に学校行ったら友達が

「あのジャガイモみたいな顔した奴が歌ってる曲、すげーウケル」

とか言いながら、最初の「YEHHHHHHHHHHHH!」の部分を真似してました。
今思い出しても笑えます(笑)。

イーグルスのブログですがついでに貼っておきます(汗)

スポンサーサイト



イーグルス The Eagles

テイクイットイージー Eagles - take it easy

イーグルスはしっとりとした曲だけでなく、このデビュー曲「テイクイットイージー」のような軽快なカントリーロックナンバーもいいですね。
この「テイクイットイージー」は1972年のデビューアルバムの1曲目で、作詞、作曲はグレン・フライとジャクソン・ブラウンです。

曲は、爽やかな印象を放つギターの重奏でスタートし、エレクトリック・ギターの特徴あるフレーズに導かれてグレン・フライが軽やかに歌います。
バンジョーの速弾きによるアルペジオ風の伴奏からはカントリー・ロックの雰囲気が漂いますが、その一方で、独特の躍動感を生み出すベース・プレイからはより新鮮なイーグルス流のロックンロールの響きを感じ取ることができます。



イーグルス The Eagles

ホテル・カリフォルニア Eagles - Hotel California

ロックファンのみならず、幅広い音楽ファンに指示されたイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」は、当時、歌詞の内容から様々な憶測がされましたが、商業化したロック・スピリットを憂えたものとされています。
特に、『1969年以来「スピリット」はない』との歌詞における「酒」のスピリットと「精神」のスピリットをかけている一節は、とても有名です。





イーグルス The Eagles

イーグルス デスペラード Eagles - Desperado

イーグルスの名曲と言えば、ホテルカリフォルニアを思い浮かべる人が多いと思いますが、デスペラード(ならず者)も素晴らしい曲です。
叙情的でかつ胸を締め付けるようなメロディーなので、個人的にはイーグルスの中でも1、2を争うくらい好きな曲です。

いろいろな人がカバーしていて、リンダロンシュタットのカバーなんかもヒットしました。

カバーは

アン・ルイス
石川セリ
SAKURA
佐藤竹善
竹仲絵里
平井堅
藤田恵美

アン・バートン
グレン・フライ(ソロ)
ドン・ヘンリー(ソロ)
リンダ・ロンシュタット
リンゴ・スター・アンド・ヒズ・オールスター・バンド(ジョー・ウォルシュ)

なんかがしてますね。

こうしてみると歌が上手で情感のある歌い手ばかりですが、藤田恵美さん(ルクプル)のバージョンが個人的に一押しです。
日本ではあまり知られていませんが、台湾などのアジアで藤田恵美さんのカバーアルバム「カモミール」は大ヒットしていました。
探して聴いてみる価値はあると思います。

デスペラード (Desperado) とは、英語で「ならず者」・「無法者」・「命知らず」などを意味する、スペイン語を語源とする語です。



イーグルス The Eagles
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。