イーグルスの歴史

イーグルス(The Eagles)は、ロサンゼルスを拠点とするアサイラム(Asylum)レーベルのヴォーカリストであったリンダ・ロンシュタット(Linda Ronstadt )のバンド Linda Ronstadt & Her Band のメンバーとして集められたグレン・フライ(Glenn Frey )、ドン・ヘンリー(Don Henley )、ランディー・マイズナー(Randy Meisner )、バーニー・リードン(Bernie Leadon )の4人によって1971年8月に結成された。
当時同じアパートに居住していたジャクソン・ブラウン(Jackson Browne )とグレン・フライによる共作で、デビューアルバム『Eaglesイーグルス~「イーグルス・ファースト」)』のタイトル曲となった軽快なナンバー「Take It Easy (テイク・イット・イージー)」がいきなりヒットし、イーグルスは瞬く間に1970年代に一世を風靡したウエストコースト・サウンドの代表の仲間入りを果たした。

イーグルスおすすめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



イーグルス The Eagles

イーグルスのこれまで

イーグルスにおいて1976年に発売されたベストアルバム『Their Greatest Hits 1971-1975 (グレイテスト・ヒッツ 1971-1975」)』は、全米だけで2,900万枚以上の売り上げを記録して全米歴代で最も売れたアルバムとして君臨し、プラチナ・ディスク認定第1号ともなった記念碑的作品となるなど、バンドの確固たる地位を築いた。

特にその翌年発表され、イーグルスのアルバムのうち代表作となった『Hotel California (ホテル・カリフォルニア)』(1976年)においては、当時のロック産業を含めた都市社会の矛盾を揶揄したかのような歌詞とイーグルスのメンバーによる13本ものギターを重ねた完璧なサウンド・ワークによって、1970年代のアメリカン・ロックを代表する曲のひとつとなったタイトル曲「Hotel California (ホテル・カリフォルニア)」、かつての勢いを失いつつあったウェストコースト・ロック界の皮肉ったかのように、田舎町にやって来た新参者へ向けられる地元大衆の一時的な強い好奇心と彼が飽きられていく様を唱った「New Kid In Town (ニュー・キッド・イン・タウン)」、はびこるエゴ社会に警鐘を鳴らすかのように、好き勝手にふるまう無頼者が実は虚勢に満ちており内面に苦悩を持つことをにじませた「Life In The Fast Lane (ライフ・イン・ザ・ファースト・レーン~「駆足の人生」)」など、一見人間の性(さが)や振る舞いを唱いながらも暗に根深い社会問題を提起するような深みのある歌詞を、角度を替えた音響アレンジに乗せて展開した曲にちりばめてバンドとしての頂点を醸成し、全世界的な大セールスを記録してイーグルスをを押しも押されぬアメリカン・ロックの代表格にまで押し上げた。

イーグルスは1981年に活動を停止するまでのおよそ10年間で、6枚のオリジナル・アルバムと1枚のライブ・アルバムを制作しており、ここまでをバンド活動の第1期として総括できる。

バンドの活動停止後はイーグルスの各メンバーが個別の活動に入り、各自のソロ・アルバムを発表したり、繋がりの深いウエストコースト系のアーティストを中心にレコーディングへのゲスト参加などを行っている。

その後1994年にイーグルス第1期最終メンバーによってバンドが再結成され、4曲の新曲とライブを併せた変則的なアルバムを1枚制作し、以後世界規模でのツアーを繰り返し展開しており、イーグルスはこの1994年以降をバンド活動の第2期と定義付けることができる。
2004年から2005年にかけては、「Farewell I Tour」(第一回さよならツアー)と題されたツアーが行われたが、「さよなら」というのはイーグルス流のジョークであり、その後も米国内外で公演が行われている。
イーグルスはこのツアーでも相変わらずの高い人気ぶりを見せつけ、各地のコンサートは大成功に終わり、収益面でも年間ランキングに顔を出すほどであった。

これまでイーグルスの来日公演は4回行われている。
1976年に日本武道館を含む初来日、1979年に日本武道館を含む2度目の来日、1995年に16年振り3度目の来日公演を東京、横浜、大阪、福岡で行ない成功をおさめ、2004年には東京、名古屋、大阪、福岡、札幌の5大ドームと、横浜アリーナにおいて9年振り4度目のイーグルスの公演が行われた。

また、2006年中盤においてイーグルスとしての新作を発表することを示唆するような発言もしており、ライブ音源を含まない形であれば、12年ぶりの新作が期待されている。

スポンサーサイト



イーグルス The Eagles
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。