イーグルスの歴史

イーグルス(The Eagles)は、ロサンゼルスを拠点とするアサイラム(Asylum)レーベルのヴォーカリストであったリンダ・ロンシュタット(Linda Ronstadt )のバンド Linda Ronstadt & Her Band のメンバーとして集められたグレン・フライ(Glenn Frey )、ドン・ヘンリー(Don Henley )、ランディー・マイズナー(Randy Meisner )、バーニー・リードン(Bernie Leadon )の4人によって1971年8月に結成された。
当時同じアパートに居住していたジャクソン・ブラウン(Jackson Browne )とグレン・フライによる共作で、デビューアルバム『Eaglesイーグルス~「イーグルス・ファースト」)』のタイトル曲となった軽快なナンバー「Take It Easy (テイク・イット・イージー)」がいきなりヒットし、イーグルスは瞬く間に1970年代に一世を風靡したウエストコースト・サウンドの代表の仲間入りを果たした。

イーグルスおすすめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



イーグルス The Eagles

テイクイットイージー Eagles - take it easy

イーグルスはしっとりとした曲だけでなく、このデビュー曲「テイクイットイージー」のような軽快なカントリーロックナンバーもいいですね。
この「テイクイットイージー」は1972年のデビューアルバムの1曲目で、作詞、作曲はグレン・フライとジャクソン・ブラウンです。

曲は、爽やかな印象を放つギターの重奏でスタートし、エレクトリック・ギターの特徴あるフレーズに導かれてグレン・フライが軽やかに歌います。
バンジョーの速弾きによるアルペジオ風の伴奏からはカントリー・ロックの雰囲気が漂いますが、その一方で、独特の躍動感を生み出すベース・プレイからはより新鮮なイーグルス流のロックンロールの響きを感じ取ることができます。

スポンサーサイト



イーグルス The Eagles
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。